検査装置 - 【検査装置・抜き取りカウンター】
画像検査装置(片面/両面)

A式段ボール用両面検査装置

印刷・糊付け・異物混入等の画像検査装置(両面) <オプション>の特徴

段ボール箱の内側も画像検査が可能な追加搭載可能な「両面検査装置」です。

●ノーマスク検査方式

DACオリジナル検査方法により、検査部に関しては未検査エリアがありません。

●新開発欠陥回路により検査精度が向上!!

文字専用欠陥検出回路、バーコード専用欠陥検出回路、周期欠陥検出回路により検査精度が向上し、欠陥流出を防止します。

●製品のトレーサビリティーを可能にするGallery

デジタル画像ファイリング装置Galleryに検査履歴を保存することができ、過去の検査結果を画像付で簡単に見ることができます。

●絵柄自動切り出し機能により歩留りの向上

印刷部と地合部を自動に切り出して、印刷部は普通検査、地合部は弱め検査、バーコード部は強め検査に設定することで、原紙ピッチ等の不良を検出せず、印刷部の不良を安定して検出します。

●超高輝度LEDシステム(自社開発)

自社開発でコントラスト性に優れた超高輝度LED照明の採用しました。

●LEDIチップ毎の色温度を合わせることで均一な照度を実現しています。

簡単操作によるオペレータの負荷低減検査レベルはランク1~ランク5の5パターンからの選択となり、エンドユーザーからの検査精度要求に応じた設定が可能です。

●生産管理データ通信による品種切替

品種データは上位からのCNC通信により、自動生成します。品種、紙サイズは自動設定、リピートオーダーの場合は、一切操作不要の自動検査が可能となりました。

欠陥検出事例

汚れ

汚れ
 

カスレ

カスレ
 

抜け

抜け
 

油汚れ

油汚れ

装置構成例

装置構成例

◆検査仕様

全検査幅(表・裏面とも) 2200mm(カメラ2台)
カメラ1台あたりの検査幅 1160mm
最小分解能 幅分解能 0.30mm(X)
      長さ分解能 0.30mm(Y)
検査対象欠陥 印刷ズレ、かすれ、ゴミつき、汚れ等
検査方法 フルカラー画像処理方式
検査間隔※1 距離 1280mm以上※1被検査材の紙頭~紙頭の間隔
処理枚数 最大250枚/分(詳細は印刷機仕様によります。)
最大紙 1280mm×2100mm(天地方向×左右方向)
検査画面

▲検査画面

◆検査装置機能

欠陥画像ファイリング数 50万件
品種データ 自動(生産管理データ通信により、自動で品種を作成します)
パレタイザー部欠点表示
アプリケーション(オプション)
上位(管理装置)からデータを受け取る事で
バッチ数(積み数)からの欠点シートを表示する事も可能です。
PDFデジタル検版システム
 (オプション)
マスターとなるデザイン(版)データと刷出しを比較することで、検版を行います。

◆構成例

カメラユニット 4096bit 3ラインカラーラインセンサカメラ 簡易防塵構造 盤用クーラー付き
照明ユニット 簡易防塵構造
コントローラ 簡易防塵構造 盤用クーラー付き 17型TFTモニタ UPS
照明電源ユニット カメラユニットに内蔵
インクジェットプリンタ A4カラーインクジェットプリンタ(コントローラ本体内に設置)

◆装置一般仕様

電源 単相AC200V10%50/60Hz
消費電力 4.5KVA
エアーパージ なし
周囲温度 5~50°C
動作湿度 20~80%(但し結露なきこと)

この仕様は予告なく変更する場合があります

» カタログダウンロードはこちら

お問い合わせはお気軽に!新幸機械製作所を、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。段ボール製函機・段ボール印刷機等のことなら「新幸機械製作所」にお任せ下さい! 電話 06-6661-7121