ダイカッター

ダイカッター

手穴木型自動位置決め装置の採用で手穴木型の取り外しが不要になります。又ピン方式が採用が可能になり屑処理など工場環境にも対応できます。

ダイカッターの特徴

ピンストリッピング式

抜き刃型にソフトカット用ギザ刃を使いアンビル側にウレタンを巻いた抜き方式です。青果物ケース等の、空気穴・手穴全抜きの抜屑の混入防止に有効です。
プレス型抜きでは、難しい高速運転、大量生産が可能となります。また、抜屑の飛散も飛躍的に改善されます

仕様 Sαー920機
円周 1/18   穴ピッチ 50×50 M10
最大木型寸法 700×1700 
(全抜きの場合A1型を標準としております)

ダイカッター 仕様

◆上抜き、下抜き   上抜き、下抜き   木型取り付けダイロールを上、下選択できます。
 
◆ハンドホールワンタッチ
  取り付け機構
  ハンドホールワンタッチ取り付け機構   専用の手穴用木型を用いる事でワンタッチでロールに装着できるようになります。
オプション品
◆上抜き、下抜き   ◆アンビル研磨 グラインダータイプ
上抜き、下抜き   アンビル研磨 グラインダータイプ
木型取り付けダイロールを上、下選択できます。   生産過程でできるアンビルロールの凹凸を特殊なロールで表面を研磨し、均一にします。
 
◆アンビル研磨 切削タイプ   ◆ピンストリッピング式
アンビル研磨 切削タイプ   ピンストリッピング式
特殊形状の刃物でアンビルロールを切削し、均一にします。   屑取りピンを挿入し抜き屑を下方へ強制的に押し出します
特注品
◆XXXXX   ◆XXXXX
 
XXXXXXXXXXXXXXX   XXXXXXXXXXXXXXX
改造・レトロフィット
お問い合わせはお気軽に!新幸機械製作所を、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。段ボール製函機・段ボール印刷機等のことなら「新幸機械製作所」にお任せ下さい! 電話 06-6661-7121